Ticket is not available

Event is FINISHED

アフリカスタディツアートークイベント【アフリカ50年以上(現地往復180回)紛争映像ジャーナリスト大津司郎×フォトジャーナリスト戸田千晴対談】

Description

内容

2014年から始まったアフリカツアー「現場へ行こう。体感型ツアー」。 紛争、難民問題から貧困と経済成長にいたるまでに長きにわたってアフリカを取材し続けてきた大津司郎氏は、「アフリカには、世界と人間の問題のすべてがある」という視点からレポートを送ってきました。主にそうした国際情勢をテーマにしたスタディツアーを催行してきました。

その中で、世界最大規模の難民キャンプの1つであるニャルグルス難民キャンプを訪れ、そこにいる人々と交流する『タンザニア難民キャンプスタディツアー』、そして教育と人間の再生をキーワードに『ルワンダスタディツアー』に焦点をあてます。

アフリカ(ルワンダ、タンザニア)に行き、五感のすべてを使い、そこで何を学んだのか、何ができるのか、そして今アフリカで何が起きているのかーー2人の対話から何かを感じとっていただければ幸いです。

アフリカ50年以上(現地往復180回)紛争/映像ジャーナリストである大津司郎氏と、ツアー参加者/フォトジャーナリストである戸田千晴氏が皆様に語りかけます。

-------------------------------------------------------------------------------
(大津司郎)
これからの世界や国際関係、開発等を学び、考えるにあたって、アフリカとアフリカが再生産し続ける姿、問題点を知り、直接彼らに触れることは、参加者それぞれにとっての大きな財産になると考えます。
-------------------------------------------------------------------------------

タイムテーブルにて、詳細を御覧くださいませ!

アフリカに興味のある方、アフリカが初めての方、アフリカに行ったことない/知らないという方、ツアーに参加したことのある方、トーク内容にあるキーワードに興味のある方、大津さんや戸田さんのファン等々、お気軽にどうぞ!

▶日時:2020年7月5日(日)19:00~20:30(1時間半

▶参加チケット:
①ZOOM参加 : 1,000円(1アカウントにつき)


②リアル会場参加 : 2500円(ワンドリンク付き、当日現地会場払い) 限定枚数
※2020/6/28追記 リアル会場での参加人数は、コロナ対策として10名ほどに抑える予定です。

▶参加方法
①ZOOM参加の方
1.Peatixよりイベント参加チケットをご購入いただくと、お申し込み完了です。
2.当日までにZoom(無料)のインストールをお願いします。
3.接続先情報はイベント前日までにpeatixの配信URLとお知らせ欄にアップします。
4.イベント開始10分前よりイベント(Zoomミーティング)に入室可能です。
URL(もしくはZoomミーティングIDとパスワード)より、ご参加ください。
5.Zoom内で、登録したいニックネームにご変更ください。

※本イベントは録画させていただきます。参加者の声や顔が映らないように配慮いたします。
イベント中に撮影された写真や映像各種メディアやSNS等に使用される可能性がございますことをご了承ください。

②リアル会場参加の方
会場名:Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ
住所:東京都港区麻布台2丁目2-12 三貴ビル2階
アクセス:https://tomosu-lab.com/access-2/

ハッシュタグ #アフツアオンライン でイベント情報をツイートします!!!!
是非 #アフツアオンライン つかってください★

-------------------------------------------------------------------------

▶スケジュール:
18:50〜:ZOOM参加は10分前よりチェックイン可能です。〜動画上映〜
19:00〜:スタートコール(簡単なZOOM機能説明/タイムテーブル)
19:05~:プロフィール紹介

19:10~:【タンザニア難民キャンプスタディツアー~約30分~】
・ニャルグス難民キャンプにいる人々は”何故”そこにいるのか。
・大津司郎が見た、過去(取材時)と現在(ツアー渡航時)の難民キャンプの変化
・何故、この地をツアーで訪問する場所として選んだのか。
・難民キャンプで出会った人々とのエピソード
・何故、難民キャンプツアーに参加しようと思ったのか。

19:40~:【ルワンダスタディツアー~約30分~】
・ルワンダスタディツアーの目的。キーワードは”教育”と”人間の再生”。
・ルワンダの光と影を歩く。虐殺の苦しみからの復活と経済成長。
・元少年兵リハビリ施設にきている少年は何故ここにいるのか。
その背景、そして何故元少年兵に会うのか。
・ルワンダとのかかわり/コンゴ民主共和国で今何が起きているのか。
知られざる世界の最前線。
・コンゴ民主共和国を『国際社会の辺境の場所』という理由とは。
・ツアー前後の心境や環境の変化
・戦争未亡人女性自立支援 アヴェガアガホゾでのエピソード

20:10~:【質問タイム】※ZOOM参加のチャットとリアル会場から
20:25~:次回イベントのお知らせ等
20:30:イベント終了

※上記の時間は前後する可能性があります。

-------------------------------------------------------------------------

登壇者プロフィール

▼アフリカ紛争問題ジャーナリスト大津司郎(おおつしろう)

1948年東京生まれ。アフリカ紛争問題ジャーナリスト。アフリカ50年以上(現地往復180回)。東京農大在学中からアフリカ農業実習のためアフリカに行く(1970年)。サハラ旱魃救援委員会(チャド、ナイジェリア/1973年)、青年海外協力隊(タンザニア/1975年)を経て、70年代後半から~現在にいたるまでケニア、ウガンダ、ルワンダ、コンゴ、エチオピア、スーダン、チャド、ナイジェリア、南アフリカ、ジンバブエ、ナミビアなどの野生世界と時事問題の両面からアフリカを追求し続けている。

1992年から、ビデオカメラを持ちアフリカ紛争地単独取材をはじめる。ソマリア、スーダン、アンゴラ、ルワンダ、コンゴ、ブルンディ+イラク等々。30年以上に渡る豊富な経験に基づき、日本人にはほとんど知られることのなかったアフリカ紛争地域に焦点を当て、グローバルな視点で分析、リポートを送っている。

アフリカ関係の数多くの報道、特集等のTV番組(世界不思議発見、情熱大陸、イッテQ等)ではコーディネーターとしても活躍。
1990年からは日本からのツアーのガイドもこなし、“今”のアフリカを直接伝えられる旅やプログラムを模索している。

大津司郎SNS
Twitter(@Jroad511)
Instagram(@shiro_otsu)
大津司郎 個人HP
大津司郎デザイングッズ(SHOP)


▼フォトジャーナリスト戸田千晴(とだちはる)

1996年熊本県生まれ。大学在学中に1年間休学し、『国内留学』。特定非営利活動法人CANPUS所属。熊本県立大学卒業。
過去に大津司郎と行く『タンザニア難民キャンプ訪問スタディツアー』『ルワンダスタディツアー』に参加。ナイジェリア、モザンビークへ渡航。現在、フリーランスフォトジャーナリストとして国内外の取材を行いながら、アフリカ布を使ったアクセサリーショップ『Chiharu Sunnydays』運営。

ルワンダ旅行記』https://canpus.org/archives/1345
『一般社団法人熊本市国際交流振興事業団 5th Global Work Camp』運営
大分県高等学校ユネスコクラブ等交流研修会 ~アフリカから考える学ぶことの大切さ 未来を創る私たち~

戸田千晴SNS
Instagram(@chiharu_journal)
Instagram(@chiharu_sunnydays)
Chiharu Sunnydays(BASE SHOP) 〜アフリカ布地を使ったアクセサリー販売中〜
note(chiharu_toda)

主催:
株式会社フレックスインターナショナル
アフリカツアー担当:木村
アフリカツアー『現場へ行こう』HP
Twitter(@genba_africa)
note(genbaheikou)
mail:africa-tour@flex-inter.co.jp
ご不明な点ございましたら、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
皆様のご参加をお待ちしております!!!


ルワンダスタディツアー
ルワンダスタディツアー〜4つのテーマから見るルワンダの過去・現在・未来〜 ※日程調整中です。
<過去からの復興>
元少年兵リハビリ施設や、戦争未亡人女性自立支援NGOを訪問。過去との決別、再出発を目指しています。
<教育・子供>
ウムチョムイーザ学園/ルワンダ復興の鍵は教育にあります。代表の永遠瑠マリールイズさん他のスタッフの努力で運営されています。
<新たな発展>
ドローン専用施設を訪問し、ルワンダの未来へ向けた新しい鼓動を知ります。
<対話>
各訪問地で現地の方と交流できる機会があります。参加者の方それぞれがテーマを考える場になります。


【宣伝】
《オンラインイベント:大津司郎のアフリカ現場塾シリーズ》
現場アフリカ紛争を知り、グローバルなイシューを学ぶ。
※上記、PEATIX別イベントページへ遷移します。詳細はイベントページにて。
主催:Blue Baobab Africa(ブルーバオバブアフリカ)


【参加における注意事項】
・セッションには無料ウェブアプリZOOMを使用します。スマホ・PCから利用可能です。事前のインストールをお願いいたします。ZOOMアプリは定期的にセキュリティ強化が行われます。最新版のものをご利用くださいませ。ご不明な点は下記のマニュアルを御覧くださいませ。https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/
・WI-FI環境など高速通信が可能な電波の良いところでご参加くださいませ。
・登壇者によっては予期せずネット環境が乱れる可能性があります。また機材や通信環境等の理由で中断・終了させていただく場合がございます。予めご了承くださいませ。
・途中入退室可能です。
・予めご参加者の方々のマイクはミュートにさせていただきます。ビデオは任意でご利用くださいませ。
なお、イベント終盤に登壇者の方への拍手や御礼等で、ビデオオンやミュートオンのお声がけさせていだく場合があります。
・動画での撮影および他での公開はご遠慮ください。写真撮影およびSNS等への掲載は大歓迎でございます。ただし、その際に他のご参加者の方が映らないようご配慮ください。

#アフリカ #オンラインイベント #スタディツアー #教育 #学び #難民 #紛争



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#643409 2020-07-01 08:29:17
More updates
Sun Jul 5, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
Zoom参加 SOLD OUT ¥1,000
リアル会場参加(当日現地払い2500円)※現金のみ FULL
Organizer
アフリカツアー『現場へ行こう』/株式会社フレックスインターナショナル
68 Followers

[PR] Recommended information